ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングともしもの備え

今回は、日帰りハイキングともしもの備えというテーマでブンオグなりに書き綴ってみたいと思います。

 

日帰りハイキングをしていると、ふとした時にもしも~したらと考えることがあります。

 

もしも、道迷いしてしまったら

もしも、ケガをしてしまったら

もしも、下山が夜になってしまったら

 

余程の事がなければ起こりえないから気に留めないのは無謀、リスクをリスクとして正しく評価し備えることが大切なのではと考えます。

 

日帰りハイキングにおけるリスクは、大小さまざまありますが

①道迷いを含む遭難・下山不能

②ケガ・体調不良等による行動不能

の2つに集約されるものと考えます。

 

①道迷いを含む遭難・下山不能への個人の備えとしては

・登山届の提出(事前にルート、経過時間を視覚化する)

スマートフォンGPSアプリ、または登山地図とコンパスを持っていく(現在の場所を特定する手段を用意する)

・グループ行動中には単独行動を行わない。

 

②ケガ・体調不良等による行動不能への個人の備えとしては

・天気予報などの情報をチェックし、適宜判断をする(天候次第では中止を選択する)

・ファーストエイドキットを持ち歩く(程度は人それぞれですが、最低限切り傷の治療・痛止めは必要)

・レインウェア、防寒着、汗の処理をできるものを持っていく。

 

個人としての備えを行った上で、やむを得ない場合は躊躇なく助けを求めることが大切であると考えます。

都道府県警に電話で救助要請を行う。

・ココヘリ端末で居場所を伝える。

 *事前に提出した登山届にココヘリの登録番号を記載しておけば、意識を失うなどし主体的に連絡を行えずとも、居場所を調べてもらうことができます。単独でいかれる方は是非ご検討がよいと思います。

・山岳保険に加入する。(民間に救助要請を行う場合は高額な費用が生じる恐れがあるため、何等かの保険加入がオススメです。↑で話したココヘリは保険とセットなのでおススメです。)

 

リスクに対して備えた上で、何も起こさないように行動することが大切と考えます。

 

それでは、また次回に。