ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングと靴

今回は、日帰りハイキングと靴というテーマでブンオグなりに書き綴ってみたいと思います。

 

日帰りハイキングの靴ですが、靴底に特別な加工を施している物(ビブラムソールやトレイルグリッパー(モンベル)など)が良いです。

溝が深く、またゴムの質が良いため滑りにくいこれが何より大切です。

 

それ以外の要素は、状況により足し引きし使い勝手が良いものを選ぶのが良いと思います。

 

①アッパーの材質 (靴の重さと靴濡れとの向き合い方)

レザー・・・防水性、耐久性に優れます。重量があり、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。内部に水が入ると乾かないようです。

 

ゴアテックス(防水透湿素材)・・・防水性、メンテナンス性に優れます。 重量と耐久性はほどほどです。内部に水が入ると中々乾かないです。

 

メッシュ素材・・・軽量性、メンテナンス性に優れます。耐久力と防水性は期待しない方が良いです。内部に水が入っても乾きやすいです。

おススメは、ゴアテックス(防水透湿素材)です。

 

 

②足首の高さ(荷物の重さ・足首の自由度)

イカット(踝が隠れる)

重い荷物を背負う、岩稜体を歩くときによいと言われています。下りでつま先が痛くなりづらいです。

 

ミドルカット(踝と同じくらいの高さ)

整備された登り下りの多いルートを歩くのに良いと言われています。しっかり靴紐を結べば下りでつま先が痛くなりづらいです。

 

ローカット(踝が見える高さ)

軽量な荷物で、平坦な場所を長距離歩く場合に向いています。足首を固定することがdけいないため、下りでは重量がつま先にかかるためつま先が痛くなりやすいです。

 

おススメは、ミドルカットです。

 

③ソールの硬さ

硬いものほど、重い荷物を持ち岩場を歩くのに向いています。

柔らかいものほど、軽い荷物で平坦な場所を歩くのに向いています。

 

硬いものは足裏全体で着地をする山用の歩き方をマスターすると使い勝手が向上します。 その歩き方である程度の硬さを持ったソールを使うのが良いのではと思います。

 

 

①~③をまとめると

ゴアテックス(防水透湿)、ミドルカット、ソールがほどほどに硬いものが万能に使えてよいのではないでしょうか。

webshop.montbell.jp

 

実際使ってみて、性能が不足するように感じるなら

登山靴と呼ばれるものを

性能は十分で、より軽快にハイキングを行うなら

トレイルランニング用のシューズを

買い足すのが良いのではと思います。

 

ブンオグは、ミドルカットは

 

イカットは

 

ローカットは

を使っています。

使う頻度が多いのは、ミドルカットです。

 

 

比較的緩やかな場所なら、ワークマンのアクティブハイクなども選択肢に上がるのではないでしょうか。

workman.jp

 

またストイックに行くなら、地下足袋というのもありかと思います。

 

 

次回は、日帰りハイキングと帽子についてまとめてみたいと思います。

それでは、また次回に。