ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングとお湯を注ぐ道具

今回は、日帰りハイキングとお湯を注ぐ器具というテーマでブンオグなりに書き綴ってみたいと思います。

 

珈琲ミルで豆を挽き、お気に入りのドリッパーに粉をセットして、次はお湯をささぐ段階です。

 

一般的なドリップでは、ドリッパーの中心に向かいのの字を描きながら細いお湯を注ぐと美味しい珈琲をいれることができます。また豆の膨らみ具合をを見ながら、メリハリ(湯量を瞬間的に増やす)をつけるとより味わい深くなります。

 

家庭では、細い湯を注げ且つ水切れのよい先が金属製のドリップポットや

点滴~強いお湯を注ぐことのできるランブルポット(ブンオグはカリタのペリカンポットを使用していますが、未だに使いこなせていません。)

ホーロー製でおしゃれなポット

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

  • ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)
Amazon

 

など様々な選択肢がありますが、日帰りハイキングでは中々持参するのが難しいものがあるかと思います。

 

ブンオグが日帰りハイキングでドリップに使った中で良かったものを紹介します。

モンベルアルパインサーモボトル

 ドリップポットにはかないませんが、お湯のコントロール性抜群です。保温性も良いため、十分珈琲を淹れることができます。

 

②1人用ドリップポット

 餅は餅屋、珈琲ドリップはドリップポットで間違いない道具です。大きなドリップポットと異なり複数人分をドリップするのが苦手、お湯が冷えやすいなどあまりよろしくない一面もあります。

 

③アウトドアケトル+注ぎ口

 アウトドアケトル単品ではお湯のコントロールが難しいのですが、急須スキッターを取りつけることで使い勝手が向上します。 急須スキッターが適度に外れるため、過信は禁物です。

 

④クッカー+ワイヤースキッター

 組み合わせることで、細いお湯を注ぐことができるようになります。注げる湯量が少ない(抽出時間が長くなる)ため、少し雑味が混じることがあるやもしれません。(手先が器用な方なら自作もできるようです。)

www.youtube.com

 

 

EX 森乃雫

ブンオグは持っていませんが、日帰りハイキングで珈琲を淹れる際の最適解と思っている商品です。

【販売サイト】

https://www.rappo-kyoto.com/blank-2-2-1

www.youtube.com

 

器具により味わいは大きくかわりますが・・・根気よくドリップしつづけたらどんな道具でも美味しい珈琲が飲めるようになると思います。

 

是非日帰りハイキングの目的地やハイキング終了後に、素敵な珈琲ライフをお楽しみください。より詳しく珈琲を知りたい場合は、youtubeで「岩崎泰三」さんや「暮らしと珈琲の動画」さんの動画を見られるのが良いのではないかと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

さて珈琲に関してはこの辺りで一旦終了し、次回は日帰りハイキングとトレッキングポールについてまとめてみたいと思います。

それでは、また次回に。