ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングと抽出器具

今回は、日帰りハイキングと抽出器具というテーマでブンオグなりに書き綴ってみたいと思います。

 

珈琲ミルで豆を挽いた、次はコーヒーを抽出する段階です。

 

日帰りハイキングで珈琲を抽出するための機器としては、主にペーパードリップ、メッシュ(金属・布)ドリッパー、エアロプレスがメインとなるかと思います。

 

ペーパードリップ

ペーパーフィルターを使用し抽出します。紙でろ過することで、苦みなどの成分を抑えまろやかな味わいになります。紙をコップなどの上に固定するドリッパーという機器が必要になります。

 

 

メッシュ(金属・布)ドリップ

金属や布でできたフィルターを使用し抽出します。 コーヒー豆の持っている、全ての味が抽出されます。

webshop.montbell.jp

 

エアロプレス

最近話題の機器をつかい抽出します。再現性(同じ味を出すことができる)が高い抽出方法です。

エアロプレス エアロプレスゴー

 

 

様々な機器がありますが、ブンオグはペーパーフィルターを使った抽出(ペーパードリップ)が好き(他の抽出方法は使ったことがない)なためペーパードリップついてこれから書き綴ります。

 

ペーパーフィルターですが、円錐、台形の3パターンに分類されます。

 

円錐フィルター

他のフィルターと比較してもっとも珈琲の層が厚くなる形状をしています。一般的にはすっきりした味わいのコーヒーを淹れることができます。コンパクトに収納できるものも多く、日帰りハイキングには最も向いているのではとブンオグは考え使用しています。

 

台形フィルター

日本では、最も市販されていると言われるフィルター形状です。一般的にはコクのある味わいのコーヒーを淹れることができます。ドリッパーの収納性は悪く、日帰りハイキングにはあまり向いていないやもしれません

ウェーブフィルター

最近の流行りのフィルターです。ウェーブフィルター専用のドリッパーだけでなく、一部の円錐フィルターでも使用可能です。 抽出時間が短いためすっきりした味わいになると言われています。ドリッパーの収納性は悪く、日帰りハイキングにはあまり向いていないやもしれません

 

フィルターの材質としてはみさらし(茶色)と漂白(白色)の2種類がありますが、ブンオグはすっきりした味わいが好きなため漂白(白色)を購入するようにしています。

 

円錐形のフィルターですが、アウトドアで使用するならバネ式・組立式・シリコン式・焚き火台式の4つを使用することが多いかと思います。

 

バネ式

引っかかりを外すことでバネが伸び、ドリッパーになります。壁面がないため最も早く抽出されます。

 

 

組立式

金属やプラスチックでできた板を組み合わせて作ります。(分解可能)

組立にコツがいりますが、最もコンパクトに収納できます。

 

シリコン式

展開をすれば円錐状になるシリコン製の物です。特に↓で紹介しているものは、ハリオのV60というモデルをそのままアウトドアで使用できるようにしたものであるため、自宅と同様に使用することできます。

 

焚き火台式

開いたら展開され、そのままドリッパーになります。雰囲気があります。

 

 

ブンオグが使っているものは

CAFEC 円すい型コーヒフィルター

雑味少なく抽出できます。

 

ユニフレーム コーヒーバネットキュート

1~2人用ペーパーフィルターがしっかりフィットします。

 

フィルターとドリッパーがあれば、珈琲を淹れることができる(豆(粉)を購入すればミルも不要)為最初の一歩はここから初めてみられてもよいかもしれません。

 

次回は、豆を挽いた、抽出する器具を揃えたときたため・・・お湯を注ぐという行程にピックアップしてまとめてみたく思います。

 

それではまた次回に。