ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングと珈琲

今回は日帰りハイキングと珈琲をブンオグなりにまとめてみたいと思います。

 

さて、珈琲は普段から飲まれてますか?

ブンオグは師匠に振舞っていただいた山頂珈琲に感動し、以降試行錯誤しながら自分で淹れながら飲んでいます。

 

山でコーヒーを飲む方法は大きく分けて、

①スティックタイプのパウダーを使う

②ドリップパックを使う

③挽いた豆を何等かの方法で淹れる

の3パターンに分類されるのではないかと思います。

 

①スティックタイプのパウダーを使う

最もシンプルで、袋以外のゴミが発生せず後始末に困らないものです。誰がどのようにいれても味が変わりにくいというメリットがあります。キャラメルラテや抹茶ラテなど様々な味わいのものが市販されているため自分が好きなものを探す楽しみもあります。

 

②ドリップパックを使う

カップの上にドリップパックを引っ掛け、お湯を注ぎ抽出するものです。ドリップポットを準備すれば淹れることができます。1パック1カップ分封入されています。(うすい場合は他のパックのコーヒーパウダーをつぎ足すことも有効です。) お湯に漬けるもの、漬けないものがあるので要チェックです。

 

③ミルで珈琲豆を挽き、何等かの方法で淹れる

ペーパードリップネルドリップ・エアロプレス・フレンチプレス・サイフォン・マキネッタなど様々な方法で淹れることができ、それぞれ味がことなります。

味は上手くいくこともあれば、失敗することもあります。山で珈琲を挽き、淹れるというのは浪漫があります。 この部分について次回からしばらく書き綴ろうと思います。

 

次回は、日帰りハイキングと珈琲ミルというテーマでまとめてみたいと思います。

それでは、また次回に。