ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングとストーブの種類

日帰りハイキングで使うストーブ(家でいうコンロ)について、今回は種類毎の比較をブンオグなりにしてみたいと思います。

 

まず、ストーブの種類ですが「ガス」「アルコール」「固形燃料」の3つが主になるかと思います。

*ガソリン、焚き火、ソーラークッカーという方法もありますが日帰りハイキングでそれらの道具を運用するのは難しい(浪漫を求めるならありだと思います)ので今回は省いています。

 

それぞれの特徴は

【ガス】

メリット

・安定して高火力を出すことができる。

・ある程度は風が強くても使用できる。

・道具の点数を減らすことが出来る。

デメリット

・他の燃料ストーブン比べ重量があり、また初期コストがかかる。

・使いかけのガス缶だとどのくらいの時間使用できるか読みにくい

 (計量すれば残量はある程度読めますが・・・)

 

【アルコール】

メリット

・浪漫がある。

・アルコール量を調整することで燃焼時間を予想することができる。

・都度アルコールを補充することで、余分な燃料を持っていかずに済む。

デメリット

・アルコールという危険物を扱うため注意が必要。

 (屋外ではアルコールの青い火は見えずらいため、燃えているか確認しづらい)

・風防やクッカースタンドが必須。

・火力調整が難しい

 

【固形燃料】

メリット

・荷物を軽量化できる。

・固形燃料のg数を調整することで、必要最低限でお湯を沸かせる

・導入コストが安価。

デメリット

・お湯を沸かす以外の調理は基本出来ない

・お湯を沸かす際も時間がかかる。

・風防が必須

 

ブンオグは全部試してみた結果、グループで日帰りハイキングを行う際はガスストーブを、ソロで日帰りハイキングを楽しむ際は固形燃料を主に使うようになりました。

個別のストーブ開設の際に、それらのことは書き綴ってみたいと思います。

 

今日はこの辺で。