ブンオグな日々

語彙力が足りない

日帰りハイキングとヘッドライト

今回は日帰りハイキングとヘッドライトについてブンオグなりに思う事を綴ります。

 

ブンオグは、日帰りハイキングに必ずヘッドライトを持っていきます。

何らかのトラブルで活動時間が長引く(最悪ビバーク)場合や、夜明け前から歩き始める場合に備え何かしらの光源が必要となります。その際、手持ち式のライト(スマートフォン含む)では片手が塞がり危ないため、首掛けまたはタイトルにあるようヘッドライトが必要であると考えるからです。

 

ヘッドライトですが、電源は乾電池式とバッテリー充電式の2種類に、光源はLED式のものが多く市販されています。

どのように選択すればよいかですが・・・どこまでのリスクを想定し対応するか、何を重視するかにより異なります。

リスクですが、ヘッドライトが壊れます。(LEDは精密な基盤を使用しているため振動で壊れることが多々あります。)そこまでいかずとも、バッテリーの摩耗や電池の自然放電などで使えなくなることもあります。

これらのリスクに備えるため、ヘッドライト2台持ち、モバイルバッテリー・予備の乾電池を持ち歩く、使用前にバッテリーを満タンに充電する・新品の乾電池に交換するなどがあります。

ブンオグは、バッテリー充電式ヘッドライト1台+モバイルバッテリーで運用していますがこれからの経験で組み合わせは変わるかもしれません。

 

選ぶ際の基準ですが、明るさ(ルーメン)、防水性、重量の3点を確認するのがよいと思います。

明るさは100ルーメンくらいが最初はコスパも良く使いやすいと思います。

防水性は、雨天でも使用することがあるためIPX4~IPX6が望ましいです。

重量は、軽ければ軽いほど装着時の違和感が少ないと思います。

 

ブンオグが使っているものは、

ペツルのティカ 光量調整モード(中)が100ルーメンで、日帰りハイキングでは必要十分なスペックを持っていると思います。(乾電池・バッテリー切り替え可能) IPX4

 

ペツルのビンディ 光量調整モード(中)が100ルーメンで3時間ほど点灯可能、最低照明なら50時間点灯可能。(バッテリー充電(MicroUSB対応)式) IPX4

 

メーカーは、ブラックダイヤモンドやモンベルなど様々ありますが・・・どのようなメーカーでも構わないので、1つはヘッドライトをザックに忍ばせることをオススメします。

 

次回は、日帰りハイキングとモバイルバッテリーについてまとめます。

それではまた次回。

日帰りハイキングと荷物の軽量化

今回は、ブンオグ荷物の軽量化についてまとめてみたいと思います。

 

まず荷物の軽量化と言えば、世間ではウルトラライト(UL)というのがトレンドなのではないでしょうか。

 

ULは、自然と一体感を得る(自然へのダメージを最小限にする)という目的論のもと、ロングトレイル(数か月に渡り歩き続ける)などの長期縦走に向けた方法論として発展を遂げてきたもので、具体的には1gを削るために、①計量(道具一つ一つの重さをはかる)、②道具の吟味(持っていかない物を選ぶ作業)・③買替の順に検討を進めていきます。

 

ただ今回はストイックなULではなく荷物の軽量化という視点でまとめてみたいと思います。

 

まず荷物の軽量化のみのメリットですが

①身体の負担が軽くなる。

②バランスを保ちやすくなる。(重心を身体に近づけることができる)

③歩行ペースを上げることができる。

 他に軽量化(人間のダイエットを含めた)メリットとして

④必要水分食事量を減らすことができる。(必要水分食事量を計算する式があり体重+荷物を含めた総重量が結果に影響を及ぼすため)

 

デメリットとしては、

①道具の厳選を行わなければならない。

②荷物が増えた(水分や防寒着など)際に、重いと感じる時がある。

 

などがあり、メリットの方が多いと思われます。

 

最初の軽量化は・・・使わないものを吟味することかと思います。

例えばクッカー、持っていくけど使わないものが中にはあるのではないでしょうか。

上のセットなら、凝ったものを作らないなら鍋1つ、蓋(フライパン)1つで足りる場合が多いかと思います。(2人分のラーメンなどを作るなら、内蓋(フライパン)はいらないかもしれません。)

 

例えば応急セットの三角巾、手拭で応用することはできないでしょうか。

 

例えばカメラ、取り出すのが面倒でスマートフォンで撮影することが多くないですか?

 

一人一人重要性や価値観が異なるため、正解はありませんが・・・使わない、使いこなせないものは今の時点では不要なのかもしれませんね。

 

荷物の計量化は日帰りハイキングを楽しくさせてくれますし、道具の選定を通じて自分にとって大切なものに気づくことが出来るチャンスになるため是非行ってみてください。

ただし、雨が降らなさそうだからレインウェアを持っていかなかったり、短時間だから水分をあまり持っていかないといった一般的なルールにそぐわない軽量化は極めて危険なためご注意ください。

 

次回は、日帰りハイキングとヘッドライトについてまとめてみたいと思います。

それでは。

日帰りハイキングと行動食

日帰りハイキングをしているとお腹がすきませんか? ブンオグはすごく空きます。

 

今回はブンオグが思う日帰りハイキングの行動食についてまとめます。

 

まず行動食というのは、日帰りハイキングの途中に歩きながらや昼休憩以外の時間に少しずつ食べる食事・おやつのようなものです。

一般的に、食後しばらくしなければ体内で消化が始まらない(栄養補給ができない)、消化をするためにもエネルギーが必要、一度に食べすぎると体が重く感じるなどのデメリットがあるため、行動中に少しずつ摂取することが大切と言われています。

 

どのような栄養を取ればばよいかと言われれば・・・栄養学的にバランスよく食べるが正解です。ただ、日帰りハイキングにおいては、活動前後に食べれば賄えるコースが多いため、活動に必要なエネルギー(塩分・糖分・ミネラルなど)を行動食として摂取することをブンオグは意識しています。

 

また行動中に摂取するという特性から、

①リュックをおろさずとも取り出すことが出来る

②比較的短時間で食べれる

③指先が汚れにくい

④寒暖に関係なく食べることができる。

などの特徴があれば尚良いのではないかと考えます。

 

ブンオグのオススメですが

①羊羹

熱さ寒さに強く安定して食べることができます。 1本単位で包装されており、特に↑の商品は長持ちをするためまとめて購入しておき必要に応じて数を揃えて持っていくということを行っています。摂取カロリーが分かる(1本あたり、150~200kcal)というのが良い点です。

 

②ナッツ類(トレイルミックス)

栄養バランス良く、食べることができます。様々な豆類を用意し、ナルゲンボトルなどに入れることでオリジナルのトレイルミックスを作ることができます。(ただ、歩く度にカタカタとナッツとボトルが当たる音がするのでブンオグは苦手だったりします。)

腹持ちがいい点が優れています。

 

③ラムネ

スーパー・コンビ二のお菓子売り場で売っているラムネボトル。 コンパクトな容器に入っており、必要量を簡単に取り出せるので便利です。 吸収性が良いのも〇。雨やキャラメルなどと異なり、暑さで溶けないのが良い点です。

 

④氷砂糖

糖分が足りないなら砂糖をなめればよいではないか・・・という山の師匠のアイデアを真似させてもらい使い始めました。まとめ買い(kg単位)したときのコスパは圧倒的です。

 

じゃがりこ

ジッパー付きの袋に詰め替えることでコンパクトに持ち運ぶことができます。ブンオグは小麦のアレルギーを持っているため、グルテンフリーのじゃがりこを選んでいますが、他にもポテトチップスなど様々な選択肢があります。腹持ちが良いのが〇。

 

⓺塩タブレット・塩飴

個包装されており、指先を汚さずに塩分を取れます。

 

⑦ほし梅

味の好き嫌いがありますが、一口食べれば塩が効いているのを感じることが出来るため夏場はオススメです。

 

⑧練乳

チューブそのままを吸います。片手で完結(蓋の開け閉め~摂取まで)させることができ、暑さ寒さにも強い、糖分・カロリーも取れる。 唯一の難点は、練乳を吸っている不思議な人と周囲に認識されることだけです。

 

様々な種類がある行動食ですが選ぶポイントは・・・飽きないものを選ぶこと(複数種類組み合わせること)だと思います。

好きな行動食が見つかれば、日帰りハイキングに行くのも楽しくなると思います。

是非、良い行動食を探されてみてください。

 

次回は、日帰りハイキングと軽量化についてまとめてみたいと思います。

それでは。

日帰りハイキングと水分の取り方

日帰りハイキングで汗をかくと水分を欲しますよね。

 

ブンオグが思う水分の取り方についてまとめてみたいと思います。

 

①日帰りハイキングを始めるまえに300~500mlの水分を取る。

 体調を整えると同時に、荷物を少し軽くすることができます。

 

②喉が渇く前に定期的に水分をとる。

 喉が渇いた状態は脱水もしくは脱水直前の状態です、パフォーマンスが落ちると戻すのが困難となるため定期的に水分を取るようにしています。自分は20分毎に100cc~150ccを目安に飲むようにしています。

 

③水分を取る際には、塩分と糖分も取る。

 汗をかくと体内の塩分が外に出るため、その状態で水分だけを取ると体内の塩分濃度が低下します。そのため意識的に塩分、そして行動するための糖分を取ることが大切です。

特に夏はスポーツドリンクでは塩分が足りないため、追加して干し梅であったり、塩タブレットなどを摂取するようにしています。

糖分に関しては、市販されている飴や溶けにくいチョコレート・・・そして知り合いを真似ブンオグも使い始めた氷砂糖が使いやすいと思います。

 

④日帰りハイキングから戻ってきたら、しっかり水分を取る。

 アルコールやコーヒーなどは利尿作用があるため、多量の接種は厳禁です。

 

 

ブンオグはザックのサイドポケットに500mlのペットボトルを1,2本差して置き、歩きながら取り出し水分補給するようにしています。

ザックのサイドポケットにアクセスしにくい場合は、ボトルホルダーをザックの肩のベルトに着けておくと飲みやすいかもしれません。

塩分や糖分などは、ザックのウェストベルトのポケットや、ウエストバッグなどを用意し入れておくと取り出しやすいです。

 

しっかり水分をとって日射病・熱中症に備えて楽しく日帰りハイキングをしたいものです。

次回は、日帰りハイキングと行動食についてまとめてみたいと思います。

それでは。

日帰りハイキングと着火器具

日帰りハイキングにライターなどの着火器具を持っていかれてますか?

 

ガスストーブは着火装置があるから大丈夫・・・といいたのですが普通に着火装置だけ壊れます。

 

アルコールストーブ、固形燃料ストーブでは点火に必須となる着火器具についてブンオグなりにまとめてみたいと思います。

 

①ライター(フリント式)

火打ち石の要領で着火するライターです。コンビニ等で種類は少ないながら販売しています。 環境の影響をほぼ受けることなく、火花を飛ばすことができます。軽さはトップクラス、火力は弱めです。

 

②ライター(電子式)

電子式で着火するライターです。コンビニ等でよく販売しています。高い場所では上手く着火できないらしいです。コスパは抜群と思います。

 

③オイル式ライター

オイルを補充することで繰り返し使える、信頼性の高いライターです。質実剛健なライターですが、ハイキングでの着火用途だけではコスパは悪いかもしれません。日常的にライターを使う用途がある方には良いと思います。

 

④マッチ

赤リンで着火するマッチです。100円ショップなどで見かけます。ライターと異なり、マッチ棒の先に着火するため火傷のリスクは低いです。風と水に弱いため注意が必要です。

 

⑤防水マッチ

アウトドアショップで購入することができます。水の中でも燃えるマッチですが・・・個人的に着火しずらいイメージがあります。独特なにおいがあるため、屋外でのみ使用するのが良いと思います。

 

⓺メタルマッチ(ファイアースターター)

マグネシウムの棒を使用したマッチです。着火するにはコツがいります・・・ブンオグはアルコールストーブの着火に一時期使っていました。 100円ショップでも販売しています。

 

⑦ガストーチ

主にCBガスを使用したトーチです。ガスを補充することで繰り返し使えます。全てのいいとこどりをしたような機器ですが・・・ブンオグ的に壊れやすいイメージを持っており手を出すことができていません。

 

ブンオグは、ライター(フリント式)を持っていくことが多いです。

普段着火器具を使用することがないため、コスト・入手性・信頼性が高いというのは唯一無二かと思っています。

 

次回は日帰りハイキングと水分摂取の仕方についてまとめてみたいと思います。

それでは、また次回に。

 

 

日帰りハイキングとクッカー

クッカー(コッヘル)って、アウトドア要素が増すアイテムですよね。

素材を変え、サイズを変え試行錯誤する中でブンオグが感じたことをまとめてみたいと思います。

 

クッカーとは、携帯可能な屋外用調理器具です。

屋外調理器具でもスキレットなどキャンプ用途で使用するものとは異なり、薄く・軽く・収納性が良いという特徴があります。

ブンオグは、日帰りハイキングの際はどのような方法であれ、手持ちの道具でお湯を作ることができるを意識しているため、何かしらのクッカーは持っていくことにしています。

 

まず素材としては

アルミ・・・熱伝導率が高く、調理にも比較的向いている。

 

ステンレス・・・錆に強く、溶解温度が高いため長時間煮込むような調理には向いている。

 

チタン・・・とにかく軽いが、熱伝導が悪いため調理には向いていない。

の3つがメジャーどころで、他にも鉄(熱伝導率が高いが重い)や銅(熱伝導率が極めて高いが丁寧な扱いを要する)などの素材があります。

 

そしてサイズは、使用するストーブや燃料を収納することができるサイズ(蓋込み)の物が使いやすいと思います。(クッカー内部に収納することで、ザック内を広く使用することができます。)

例えば、OD缶(110ml)+小さめのODストーブなら大体750~850mlの容量があれば収納できます。

そしてOD缶(250ml)+大き目のODストーブなら一回り大きいサイズ(大体900mlの容量)が必要となります。

 

 

それらを踏まえて、現在ブンオグはエバニューのEBY265Rの取っ手を外した物と、エバニューのEBY280にアルミテープで作った簡易取っ手を取りつけた物、そしてSOTOのSOD-5202を使用しています。

理由は

①湯沸かし用途でしか使わないため、チタンの調理に向いていいないというデメリットを受けることなくメリットの軽さを使うことができる。

 

②一度に沸かすお湯の量が、400mlあれば充分である。

 ブンオグが日帰りハイキングでお湯を使う場面は、①アルファ米を戻す(175cc)、②粉末のみそ汁を作る(180cc)、③お茶を淹れる(180cc)、④コーヒーを淹れる(蒸らしを含め200cc)ですが・・・①②以外は食後に行うことが多く、一度に沸かすよりは食後別に沸かした方が暖かい状態で使うことができます。そのため①②を同時に行える400ccのクッカーを選んでいます。

 

③複数のクッカーは使わない。

 クッカーの故障リスクは低いため、予備のクッカーを持っていかずその分軽量化をしています。ただし蓋の有無により湯沸かし時間は変わるため、軽量な皿を蓋替わりに使用しています。

 

④火傷しないための別ハンドル

 既設の取っ手は火傷をする可能性があるため、別でハンドルを用意しています。

 

このセットの場合、すべてをクッカー内に収納することはできませんが元々が小さいので既存のクッカーセットよりはコンパクトに収納することができます。

 

クッカーはどのような用途で使用するかにより、様々な選択を行うことができるものだと思います。 自分にとって気に入った良い物と巡り合えるといいですね。

 

次回は、着火道具についてまとめてみたいと思います。

それではまた次回に

日帰りハイキングと水を持ち運ぶ方法

日帰りハイキングに出かける際は、大なり小なり水分を持っていく必要があります。

水を運ぶ方法(ウォーターキャリー)について、ブンオグなりにまとめてみたいと思います。

 

水を運ぶ方法ですが、ブンオグが思い浮かぶのは7種類あります。

①ペットボトル

・入手、廃棄が容易

・軽量

・サイズバリエーションが豊富

使い捨て(購入先または自宅で処分しましょう)もできるよい容器です。 サイズは、手持ちがしやすい500~900mlが使いやすいです。キャップ口のサイズは、濾過機やその他の材料との相性で決めてもらえばいいと思います。防寒性はないため、冬場にザックの外ポケットに入れておくと凍ります。意外と頑丈ですが、過信は禁物です。

 

②ウォーターキャリー

・多量の水を運べる

・平たい状態で収納できる

アウトドアショップで入手できる容器です。水の残量に応じて容積を減らすことができます。フレームが入っていないザックなどでは、背中側に入れることでクッションにもなります。ザック内入れていることが多いため使用する際は、立ち止まってザックをおろす必要があります。

 

③軟質ボトル

・使い終わったらコンパクトに収納できる。(再利用可能)

・比較的軽量

アウトドアショップで入手することができます。ペットボトルとウォーターキャリーを足して2で割ったようなもので、ペットボトルと異なり使用後つぶしてコンパクトにすることができる(再利用可能)、ウォーターキャリーと異なり形があり手持ちとしても使うことが出来ます。ただし、手持ちのしやすさはペットボトルに劣り、容量はウォーターキャリーに劣るため日帰りハイキングでは中途半端な感じです。(数日間人里離れた場所を歩き続けるような場合、使わない時以外はコンパクトに収納できるという特徴が生きることもあるようです。)

 

④硬質ボトル

・手持ちしやすい。

・デザイン豊富で見栄えがよい。

100円ショップから、アウトドアショップまでいたるところで入手することができます。特にナルゲンというメーカーから販売されているボトル(ナルゲンボトル)が有名で、本体の頑丈さを始め構造的に使えなくなりにくい(蓋にパッキンがついておらず、構造で水が漏れないようになっている)ため一度購入すれば長く使用することができます。外部から圧をかけることができないため、濾過機を使って急速に水を作ることや傷口を洗浄するために使うシャワーとしては使うことができないのは注意です。

 

⑤金属製水筒(直火で使えるもの)

・浪漫

・頑丈

ネットショップで入手する事ができます。(アウトドアショップでは自分は見たことがないです)。金属でできているため、頑丈、そして直火にかけることもできます。浪漫溢れる一品です。残量の確認がしづらい点は要注意と思います。

 

⓺保温ボトル(ダブルウォール以上の金属水筒)

・熱い、冷たい飲み物を運べる。

以前の記事で記載したものです。商品により得意不得意があるため、よく選ぶことが大切です。

 

⑦ハイドレーション

アウトドアショップで入手する事ができます。ウォーターキャリーにホースがついている形状となっており、歩きながら水分補給することができます。 使用後は丁寧に洗浄及び乾燥させることが必要です。本体がザックの中に収納されているため、歩きながらでは残量確認ができない点は注意が必要です。

 

 

様々な水を持ち運ぶ方法がありますが、共通して容器を複数個持つようにすることが大切です。なぜなら1つの容器だけだと、その容器が破損した際水分を持ち運ぶことができなくなります。ブンオグは500~900mlのペットボトル2~3本と、1500~2000mlのウォーターキャリー1個を使うことが多いです。(うち1000mlくらいは予備です。)

 

さてそんなところで今回の水をも運ぶ方法については締めさせてもらいたいと思います。

次回は、日帰りハイキングとクッカー(コッヘル)について書いてみたいと思います。